MoguraDev

windows で開発環境を整える

Tweet

概要

自分が windows で開発環境を構築する時の手順を紹介します。

windows update

まずは設定から windows update を実行します。

その後、再起動。

Microsoft Store

Microsoft Store からアプリをインストールします。

インストールするアプリはこちら。

policy の変更

powershell のスクリプトを実行できるように policy を変更します。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -scope CurrentUser

ローカルで作成したスクリプトを許可、リモートから取得したスクリプトは署名済みなら許可という感じです。

chocolatey

管理者権限で下記を実行して chocolatey をインストールします。

Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope Process -Force; [System.Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [System.Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol -bor 3072; iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://community.chocolatey.org/install.ps1'))

chocolatey でインストールするのは下記です。

docker も後でインストールします。

scoop

scoop をインストール。

下の問題があるので powershell ではなく、windows powershell でコマンドを実行します。

https://github.com/lukesampson/scoop/issues/3952
iwr -useb get.scoop.sh | iex

scoop でインストールするのは下記です。

ちょっと試したいツールなどをインストールするのに scoop を使っています。そのため setup の段階ではあまりインストールしません。

設定ファイルをコピー

github で管理している各種設定ファイルをコピーします。

https://github.com/lisp719/win/

wsl

wsl をインストールしてきます。

管理者権限で下記を実行。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

その後、再起動を実行します。

ちなみに下記のコマンドで再起動できます。

Restart-Computer

再起動後、管理者権限で下記を実行して ubuntu をインストールします。

wsl --update
wsl --shutdown
wsl --set-default-version 2
wsl --install -d ubuntu

windows 側の.gitconfig をコピー後、認証情報を共有するように設定します。

wsl と windows で git の認証情報を共有する

docker

chocolatey で docker をインストールします。

管理者権限で下記を実行。

choco install docker-desktop

インストール後、再起動します。